ISO22000の正体|時代に追いつくのが成功の元

ISO22000の正体|時代に追いつくのが成功の元

パソコン

文書の管理方法

システム

企業活動を展開していく中では、膨大な文書が発生します。企業における意思決定は文書により行われますので、文書は作成して終わりではありません。その後の利用に資するためにも、文書管理システムの導入が必要です。

詳細へ

企業の情報漏洩を防ぐ砦

男性

顧客情報を扱う企業からの情報漏洩が相次いでおり、サイバー攻撃によるウイルス感染などの被害も後を絶ちません。インターネット回線と社内LANとの境界には、一般的なルーターよりも高機能のセキュリティ製品が必要です。企業向けのファイアウォールやUTMは設定次第で強力なセキュリティを発揮し、情報漏洩を防ぎます。

詳細へ

ISO取得を目指す

メンズ

取得方法を理解する

食品管理について、国際的に認められるISO規格がISO22000となります。ISO22000が認められている企業は、提供する食品関連の商品について信頼を得ることができます。しかし実際にISOを取得する際には、色々な決め事もあります。企業内の会議などで、明確に決めておく必要があります。まず取得していくISO規格を理解します。ISO22000だけでなく、様々な規格が存在していますので迷った時にはコンサルタントにも相談することが重要です。そして規格は範囲を設けています。取得範囲は本社のみか、子会社や支店などを構えている時には範囲を考えていかなければなりません。その後規格を取得する際に担当者を決めて、窓口を設ける必要があります。審査や更新費用だけでなく、コンサルタントへ相談をした際には謝礼などを支払わなければなりません。

食品の安全を証明する

様々な審査をクリアして取得するISO22000というのは、食品安全について管理するシステムを構築している企業に対して提供されます。食品会社は全国各地に点在していますが、ISO22000を取得すると農場から食卓まで、あらゆる食品に関する過程で国際的に安全と認められています。食品危害を防いでいく仕組みも企業内で作られていると認められているので、株主などを募集する際のアピールポイントになります。世界各国で食品の安全に関する対策に取り組んでいく中で、ISO22000は規格の範囲として生産から消費まで対応しています。そして食品関係の業種だけでなく、工場を建設する会社などもISO22000の範囲として含まれています。

紙の処分方法

IT

文書管理とセキュリティ意識はリンクしています。文書はただのチラシ的なイメージを持つのではなく、適切に取り扱う為にも情報の取り扱いに注意を持つべきです。文書として渡された後、完全に処分するまでは、個人の責任感を持つことが大切と言えます。

詳細へ